真のおもてなし-俵屋旅館の魅力-



京都に旅行に出かけるのであれば、やはり宿泊施設選びも重要だ。
和を感じる為に足を運ぶ方が多いので、当然宿泊施設も和で染めたいもの。
そこで京都で創業300余年にもなる、有名な俵屋旅館を紹介しよう。

この旅館は京都で最も古い旅館と言われており、見た目もとても味がある。
決してモダンな技術を駆使しても、このデザインは真似できないだろう。
歴史を辿って行くと、江戸時代から明治にかけて、主に公家や大名の常宿とされていたそうで、敷居の高い宿だったことがわかる。
そうすると、現代でも一般客は宿泊ができないのかと言うとそうではない。
和を愛しているのであれば、誰でも宿泊することができる。

常に高いサービスにも応えながら、顧客と接してきた道程は険しいものだったろう。
そんな中で、続いてきた300年間という証明は、京の宿のシンボルと言うべき存在だ。

多くの方がこの宿に訪れて、高評価をしている為、一切のデメリットは感じられない。
ポリシーが徹底している為か、それに感動する人は多いとのこと。
京都に泊まるなら、ここしかないと言い張る方が多く、現在も顧客は増え続けているという。
それは、より高いサービスを提供しているからだろう。

それにこの旅館におけるエピソードで有名な言葉がある。
それはホテル王と呼ばれる人物が実際に俵屋を利用した時に、次のように発したと言う。

「俵屋にホテルの原型を見た」

それは唸るように発したようだ。
この宿に一晩を宿泊すれば、去るのがとても名残惜しいかもしれない。
もてなしと味わいは最高級であり、日本のあり方が詰まっているからだ。

俵屋旅館の徹底ぶりは想像以上のもの。
11代主人 佐藤年さんの振る舞いは、お手本と言ってもいい。
主人の目に適った物だけが設えられることとなり、それは月次の構成をはじめ、料理、出入り職人への指示までにも及ぶ。
すべて主人がこなしている、大きさも感じることができるだろう。
妥協が一切ない、真のおもてなしとは、俵屋にある。
「俵屋旅館」
住所:中京区麩屋町御池下
電話:075-211-5566
アクセス:JR京都駅よりタクシー10分・地下鉄烏丸線烏丸御池駅より徒歩10分

また、近くにはターゲットスポットが点在しているので、おすすめだ。
錦市場や河原町、寺町、新京極などがある。
絶好のスポットといってもいいだろう。

Photo by (c)Tomo.Yun

京都の見所

京都でお食事
京都でお買い物
宿泊施設を確認してみよう
お出かけのときには
アクティブ
お金をおろしたいときは
もしものときには
他の見所