京都を独り占めできる隠れスポット



京都を観光するのであれば、既にそれぞれのプランが完成していることだろう。
それだけ京都は、見所が満載であり、知られた存在だ。
改めて紹介するまでもないとは思うが、隠れスポットは押さえておきたいもの。
そこで、京都を旅するなら、行って損のない隠れスポットを集めてみた。

「法輪寺」
真言宗五智教団として有名であり、本尊は虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)。
やはり法隆寺のシンボルは、「多宝塔」と言ってもいいだろう。
更に絶景が見られるポイントがあり、そこから嵯峨野が一望することが可能。
常、ごったがえすようにも思えるが、観光シーズンであっても、人はそこまで多くない隠れスポット。
見所は、石段。そして登った横にある明星天子を祭った電電宮だろう。
電電宮は電気・電子・情報の神様として有名だ。

住所:京都府西京区嵐山虚空蔵山町
TEL:075(862)0013
料金:自由

「法然院」
これぞ、和といった強烈なまでの印象を与えてくれる法然院。
堂宇は非公開となっているため、普段は見ることができない。
しかし、春と秋に特別公開があるので、拝観したい方はその時期を狙うほかない。
尚、特別公開時には、拝観料は500円で、午前9時半から4時まで拝観が可能となっている。
とても歴史ある建築物であり、江戸時代1680年開創したと言われている。
浄土宗の流れを受けていたとされていたが、単立宗教法人として現在は位置づけしている。
見た目はとても小さな寺といった感じだが、スケールの大きさは心に伝わってくる。
無の圧力とでも言えばいいのだろうか?見た目からは想像できないパワーを感じる。
とにかく雰囲気が良いため、心身共にリラックスできるスポットでもある。
紅葉シーズンの楓は、まさに自然が織り成す最高の美。

住所:京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町
TEL:9:00-16:00
料金:季節により異なる

「無鄰庵」
明治時代の元勲である、山県有朋の別荘である。
この庵の魅力はなんと言っても、和風の母屋と洋館というコンビネーションにあるだろう。
圧巻なのは、庭園である。思わずシャッターを切ってしまう方はどれだけいるだろうか。
有名な小川治兵衛が作庭したと言われる池泉回遊式庭園で、青芝がいい味を出している。
数ある庵と比較すると、どこか近代的にも思えるが、和には変わりない。
美しい庭園とはこのことを言う。回遊式庭園となっているため、画になる場所は多くある。
写真好きな方には、絶好のスポットといっていい。

住所:京都市左京区草川町
TEL:9:00-16:30
料金:350円

隠れスポットに足を運ぶことで、多くの観光客を避けることができる。
それはまるで、贅沢な環境を独り占めするかのような、極上の時間となるだろう。
Photo by (c)Tomo.Yun

京都の見所

京都でお食事
京都でお買い物
宿泊施設を確認してみよう
お出かけのときには
アクティブ
お金をおろしたいときは
もしものときには
他の見所