茶の湯のマナーを学ぶ



茶でも有名な京都。やはり、茶の湯を体験したい方も多いことだろう。
しかしながら、茶の湯にはマナーがある。日本の文化であるものの、多くの方がそれを知らない。
そこで今回は、京都で茶を楽しむために、必要な薄茶の飲み方を紹介していく。

順を追って紹介していくので、できるだけ記事を読みながら、動作してみるとわかりやすいだろう。
自然にできるようになるまでは、何度も練習することをおすすめする。

最初に、「お点前ちょうだいいたします。」とおじぎをすることから始まる。
お辞儀を済ませたら、茶碗を右手で左手のひらに乗せる。
それから、茶道の定義としては、正面をさけて頂く決まりがあるので、右側を持って、右回し(時計の針が回る方向)に少しずつ2回まわす。
この動作はおそらく多くの方がテレビなどで拝見したことがあるだろう。

それから両手でしっかり支える。
そこから口に茶碗をゆっくりと運び、味わいながらお茶を頂く。
ここでのマナーとしては、最後の残り少ないお茶は、吸い切るということ。
多くの方が、あまり音は立ててはならないという概念を持っているようだが、ズッという音は立てても問題なく、むしろ、それが正しいのだ。

そして、最後まで吸い切ったら、右手の人さし指・親指の先を使って、飲み口を軽く拭く。
拭いた指は、懐紙を使って拭うことを忘れずに。
そして、ここからは飲み終えた茶碗の置き方である。
ここでも茶道の定義があり、茶碗の正面を自分の方に戻して置くことがポイントとなる。

茶碗の右側を持ったら、左回しに少しずつ2回まわす。
これで終了である。

しかし、お茶は茶碗あってのものなので、茶碗の拝見をすることも可能だ。
その場合は、へり外におき、両手をついて、茶碗における全体の姿を拝見すればよい。
最初は拝見する行為にも構えてしまうことで、焦ってしまうかと思うが、慣れると陶器の素晴らしさもわかるようになる。

茶碗の拝見は、膝の上に肘を乗せてから、安定した姿で両手に茶碗を取る。
そこから、焼きぐあいや高台などのつくりをゆっくりと拝見するのが一般的だ。
拝見が終了したら、最後に、一度両手をついて、茶碗全体の姿を見る。

くれぐれも茶碗は割らないように。
ポイントは高く持ち上げずに、低い位置で、丁寧に支えて観察すること。

茶の湯は、慣れると日課にしたいほどの効果がある。

ちなみに画像は、京都で有名な「高台寺 傘亭」だ。
あの千利休の意匠による茶席で有名となっており、伏見城から移建したものが現物。

高台寺は1606年に豊臣秀吉の正室北政所が秀吉の菩提を弔うため創建された。
Photo by (c)Tomo.Yun

京都の見所

京都でお食事
京都でお買い物
宿泊施設を確認してみよう
お出かけのときには
アクティブ
お金をおろしたいときは
もしものときには
他の見所