京料理が秘めた絶対的なカリスマ性



京料理といえば、世界的にも有名な存在だ。
特徴としては、やはり第一に見た目が美しい、そして食べてもおいしいと順序良く揃っている。
これから京都に足を運んで、京料理を食べようと考えている方に、京料理のすべてを紹介して行こう。

京料理の核となっているのは、「限られた素材をいかに工夫して、おいしくするか」である。
食べさせることに対して、常に知識を絞って、工夫することができない職人は、料亭には呼ばれることはないほど、厳しい世界。
そして、工夫は見た目にも反映され、いかに美しく盛りつけるかも重要となるのだ。

京料理の大切な要素は、何も食材だけではない。こだわりは、器にも行くのである。
料理を生かすということを考えれば、当然、器の形や大きさ、材質などを合わせなくてはならない。
とても神経を使う世界でもあり、多彩な食器を用いることでも、京料理は有名なのである。
だからこそ、世界的な評価を受けており、京の料理が崩れることがないのだ。

それだけの料理を提供しているので、京都の高級料理店には、日本人だけでなく、外国からも多くの人々が訪れる。
それにまだまだ見習いの料理人が客をよそおって食べにくるほど。
そこで料理の作り方をはじめとして、盛りつけ方を学んでいくのだ。

京料理のあり方を参考にしている海外レストランも少なくはない。
最近では、フランスのレストランでも京料理を生かした知識を投影させており、蓋つきの器などを参考にしているという。
見て楽しむということでは、フランス料理も変わらない。だからこそ、京料理はいいガイドになるのだろう。
フランス料理において、花や葉をあしらうという演出があった場合、おそらく京料理をお手本にした可能性が高いのだ。
そのため、京の料亭にフランス料理人が足を運ぶことも少なくないようだ。

このようにして、京都のセンスは海を越えて、多くのシェフにも生かされているのだ。
そういう意味では、京料理が、世界的な一つの料理における基準と考えても、いいかもしれない。

Photo by (c)Tomo.Yun

京都の見所

京都でお食事
京都でお買い物
宿泊施設を確認してみよう
お出かけのときには
アクティブ
お金をおろしたいときは
もしものときには
他の見所