京の言葉文化に隠されたカラクリ



京都には京都の文化がある。はじめて京都へ行く方は、色々と戸惑うことも多いだろう。
特に京都の言葉における文化は、独特なものがあり、深い意味があるのだ。

例えば、京都では日常生活において、よく「不細工どすなぁ」と使われる。
京都に住む人でない場合、そのままに「自分は不細工なのか・・・」と捉えてしまうもの。
しかし、これは決してあなたの容姿が不細工と言っているわけではない。

つまり、この「不細工」が意味するのは、物事に対して、勉強不足・工夫が必要ということなのだ。
あなたがだらしない行動を取ったり、諦め易い傾向にあれば、京都の人からは「不細工」と呼ばれることだろう。
他人から見たときに、「美しく見えない」ことを表現を変えて、伝えているのだ。
一言で「不細工」と表現しているが、実はこれがとても奥深いのである。

人と同じことを繰り返していても、何も変わらない。
同じ物事であっても、それを自ら工夫していくことで変える事ができる。
もしくは、見せ方を考えていくことによって、変わる事が可能という意味があるのだ。

だからこそ、京都の人は非常によく物事を考えて生きていることがわかる。
常日頃から相手を観察して、それに相応しい言葉をかける文化があるのだ。
京都は「極上」というイメージがあるのも、こういった京都の文化があってのことである。
ただ単に見たり、聞いたりするわけではなく、そこから考えるのだ。
食に関しても、味わったり、匂ったりをするだけでなく、そこから五感を働かせていく事が京都の人には根付いている。

美しいものを見て、それで終わりというわけではなく、そこから考える。
つまりは、教えを請うのだ。これは、美意識が高めていくというテーマがあるのだと考えられる。
日常生活からして厳しいと判断される方もいるかもしれないが、それが後々の生きていく上での作法となるのだ。

京都の人には、小細工が通用しない?という事も言えるかもしれない。
Photo by (c)Tomo.Yun

京都の見所

京都でお食事
京都でお買い物
宿泊施設を確認してみよう
お出かけのときには
アクティブ
お金をおろしたいときは
もしものときには
他の見所